イタリアの物価について

今日は生ハムが割引していたので思わず買ってしまいました。150gで、2ユーロちょっと。日本円なら250-260円ぐらいでしょうか。日本なら信じられないような値段でしょう。

生ハム

こうしてたまに飛びぬけて安いものはありますが、イタリアはスーパーで買い物すると野菜、果物なんかは日本と比べるとほぼ半額以下です。たまに日本に帰ると果物の高さにびっくりしてしまうほどです。肉類も日本よりは少し安い、圧倒的に高いのは魚介類ですね。

イタリアでは南のほうが物価が安いと言われますが、スーパーなんかの価格を見るとそれほど大きな違いはないように思います。全体的にはせいぜい1割程度の違いしかないでしょう。

なんだか、いいことばっかり言っているような気がしますが、日本と大きく違うのはやはり外食でしょうね。日本ではスーパーで買い物して作るより外食、持ち帰りのほうが安いというようななんだか矛盾した感覚を覚えることがありますが、イタリアでは外食は高いです。というより日本の外食が異常に安いと考えることもできますが、イタリアではファーストフードチェーンがあまり盛んではないため価格競争がないという面もあります。

だったらそうゆう事業をすれば儲かるんじゃないか、とも考えられますが、何か難しいカラクリみたいなのかそこには潜んでいるんでしょう。

滞在許可証の申請

a href=httpspixabay.comjausersar130405-423602utm_source=link-attribution&utm_medium=referral&utm_campaign=image&utm_content=2081169ar130405aによるa href=httpspixabay.comjautm_source=link-attribution&utm_medium=referral&utm_campaign=image&utm_content=2081169Pixabayaからの画像

今日は滞在許可書延長のため警察署に行ってきました。海外在住の日本人にとってこのビザや滞在許可書の申請は気の重いものごとのひとつでもあります。

イタリアの場合、滞在許可書は書類を揃え郵便局で送付すると警察署に召集されるアポイントの日時が決まるのですが、今年はコロナ禍の影響で数か月、半年以上延長されているケースも珍しくありません。

警察署にいくと3,40人が列を作っているイメージでしたが、今日は10組ほど。こういったところでもコロナの影響で密にならないように対策されているのかなと思いました。

以前は白い紙に指紋を取られたのですが、今日はデジタル機器で指紋を撮られました。

滞在許可書は2,3か月後に適当に取りにこいとのことで、その辺は相変わらずゆるい感じのようでした。とりあえず無事に終わったようで安心しました。

ミラノ初夏の風物詩

ミラノ

イタリアは外出制限緩和に向けて少しずつ前進しています。

毎年4月末、5月上旬に向けてポプラが開花し、雪のようにフワフワと空を舞う姿を見ることができます。これにアレルギーを持っている方もいるようですが、個人的にはこの季節はとても綺麗でこれから暖かくなる予兆と共に初夏の風物詩とも言える風景です。

写真ではポプラがあまりはっきりとはわかりせんが、家の近くなら散歩してもよいということになり、最近はほぼ毎日のように散歩をしています。

日本もGWというのに自粛が続いているようですが、今まで当たり前にできていたことを有難いと感じるチャンスなのかもしれません。

ここを乗り切ればもう少しで明るい未来が訪れると良いのですが、まだしばらくは気を許さず気を付けてお過ごしください。