ミラノのお米屋さん

ミラノのお米
ミラノのお米

このところ急に冷え込みが厳しくなり、すっかり冬模様のミラノです。現在行われている外出規制は目的があり、それを明記した紙をもっていれば外にも出られるため春に行われたロックダウンほど厳戒なものではありません。

毎年この季節になるとお米を買いに行くのですが、今年はロックダウンが行われたこともあり、お米の消費も例年より多い年となりました。

ミラノの郊外にあるお米直売所のようなところにわざわざ行ってお米を買ってくるのですが、イタリアは貧しい人が飢えないようにパスタやパン、お米などは税率が低く、お米もこうゆうところまで行って買うと随分と安いので助かっています。ちなみに日本米25キロが25ユーロ(3000円ぐらい)。私は富山出身なのでお米にはわりにうるさいほうだとは思いますが、それなりにはおいしいお米です。

毎年思うのですが、こうして大量のお米を買うと「これで年が越せるなあ」としみじみ思います。ちなみにいつもお米を買いに行くところの情報も載せておきますね。

Riso Tarantola

住所:Via I° Maggio, 20088 Gudo Visconti MI

コロナ禍のバカンス

イタリアもバカンスシーズンの真っ最中。イタリアでもコロナの影響でバカンスを自粛する人、そして旅行しても国内旅行がほとんどのようです。

イタリアでは夏は狂ったように海に行く人が多いのですが、今年は暑さを逃れるようにヴァッレダオスタ州のクールマイヨール、マッターホルン、アオスタを訪れました。フランス、スイスが近いこともあり、その文化融合を感じられる旅となりました。

イタリアでは現在でもマスクの着用は義務付けられており、罰金制度もあるため着用率は非常に高いです。コロナ禍ではありますが高級避暑地として知られるクールマイヨールは多くの人で賑わっていました。

クールマイヨールからほど近くにある有名な山「モンブラン」。西ヨーロッパ最高峰4807mとされており、写真中央に映っている旗がイタリアとフランスの国境。

こちらのゴンドラ「SKYWAY」で山頂まで行けるそうですが、往復52ユーロ、割に高いなぁ、天気も良くないしな、なんて悩んでいて、結局今回は昇りませんでした。

モンブラン

こちらは別の日のモンブラン。この季節は周辺をトレッキング、散歩するのが人気のようです。

crepes

crepesと呼ばれるチーズ、中にハムの入った料理。あとこの地方ではポレンタをよく食べるようですが山岳地域らしく肉料理も豊富でした。

モンブランと言えばスイーツを連想する方もいるとは思いますが、やはり栗の季節じゃないとないそうで、変わりにエクレアみたいなものを発見。

les cretes

あとこの地方を代表する有名なワイナリー「les cretes」を訪れました。フランスに近いこともありイタリアワインというよりはフランスっぽい香りが特徴的。

ここのシャルドネはイタリアを代表するほど上質なものとして知られています。旅の思い出として一本、ワインセラーの肥やしとさせていただきました。