イタリア人の親日度

succoによるPixabayからの画像

全く誰も予想していなかったことでしょうが、イタリアではコロナウイルス感染者が今日時点で3000人を超え、感染症危険情報レベル2「不要不急の渡航は止めてください」 となりました。

日本でも騒がれておりますが、イベントの中止や学校休校、経済的にも困窮しています。

またヨーロッパではアジア人への差別もニュースになっています。私はイタリアに住んで14年ほど、アジア人差別というもの受けたことがなく、イタリアでは特に差別が少ないと認識していたので個人的にショックな出来事でもあります。

もちろん人間である以上いろいろな意味での差別というのはどこにでもありますが、やはりこうなってしまうと肩身の狭い思いをするのは当然かもしれません。

我々がヨーロッパ人を見て、どこの国なのかわからないのと同じように、こちらの人からすると外見でどの国の人かを見分けるのはかなり難しいことです。

ただ少し話をしてこちらが日本人というと、まさに手のひらを返したように親日感情を出してくれるイタリア人が多く、そうゆう意味ではこちらも暮らしやすい部分も多いのも事実です。

歴史上3国同盟を結んでいたことも関係あるのかもしれませんが、アニメや食文化の浸透などで身近に感じてくれるようです。

今はどこも厳しい状況ですが、できることをコツコツとやろうかと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です