ミラノ大聖堂、イゾラベッラ動画追加

ニュースでも騒いでいますが、欧州でもコロナ感染が拡大しており、イタリアも例外ではありません。一日の感染者は最大2万人近くになり収束には程遠く厳しい冬を迎えようとしています。

さて、最近また動画を2つアップしました。こうした動画で少しでも旅行気分を味わってもらえれば幸いです。

高評価やチャンネル登録などもお願いします。

ミラノ展示会・近郊「ベルガモ」動画アップ

9月も下旬に差し掛かり、ミラノは気温もぐっと下がってきました。夏の暑い頃には涼しさを待ちわびていたのに、いざとなるとギラギラした太陽の光を懐かしく思い返しています。

さて、最近は動画作成をしていまして、ミラノの展示会「WHITE」とミラノ近郊の街「ベルガモ」の動画をアップしました。

至らない点もありますが、高評価、登録などもお願いします。

ミラノ街の状況紹介

秋も深まり朝晩は肌寒くなってきた今日この頃。久しぶりに動画をアップしました。動画制作にはなかなか手間と時間がかかりますが、引き続きやってゆきます。

また応援よろしくお願いします!

8月31日

 8月31日という一日は遠い昔を思い出させる。夏休みが終わる最後の一日。昔は夏休みの宿題を終わらせなくてはいけない暗く、憂鬱な一日だった。夏休みが始まった当初は永遠にも思えた暑く甘酸っぱい日々もあっという間に過ぎてしまい、つかの間の自由が途切れてしまう句切れの一日。気分は重く、学校が始まるというふさぎ込んだ思いを胸に無理やり宿題をしていたあの夏の終わりの1日。

 今にして思えば学校が始まることなんか大したことはなかったように思えるが、当時はそれでも世界の終わりを思わせた。かといって夏を有意義に過ごしたという記憶はないし、あらかた本を読んだり、ぼんやりと過ごしていたのだろうと思う。

 何事も終わりはやってくる。楽しいことも、つらいこともいつまでも続かない。

 もちろん終わりは何かの始まりでもある。何かしら良い出来事の始まりになればと思う。

初秋の候

satake_aru_tokyono_ai

このところのミラノはようやく気温も下がって、大気の中に秋の訪れをかんられる季節になってきました。

普段ならイタリアの社会も9月から忙しくなり、夏休み気分からの脱却に向けて重い腰を持ち上げてゆくころなのですが今年は静かな季節の訪れとなりそうです。

私のほうは今年書いていた小説がようやくまとまりそうで、今後はこのコロナ禍での情報発信にボチボチと取り掛かろうと思っています。

いずれにせよ今年の秋も自粛して家にいることが多くなりそうですが、過去の小説を連載させてもらっているサイトが第6回(半分)を迎えました。良ければぜひ読んでみてください。

小説「ある東京の愛」https://chikyumaru.net/?cat=303

皆様も引き続きご自愛されてお過ごしください。