初秋の候

このところのミラノはようやく気温も下がって、大気の中に秋の訪れをかんられる季節になってきました。

普段ならイタリアの社会も9月から忙しくなり、夏休み気分からの脱却に向けて重い腰を持ち上げてゆくころなのですが今年は静かな季節の訪れとなりそうです。

私のほうは今年書いていた小説がようやくまとまりそうで、今後はこのコロナ禍での情報発信にボチボチと取り掛かろうと思っています。

いずれにせよ今年の秋も自粛して家にいることが多くなりそうですが、過去の小説を連載させてもらっているサイトが第6回(半分)を迎えました。良ければぜひ読んでみてください。

小説「ある東京の愛」https://chikyumaru.net/?cat=303

皆様も引き続きご自愛されてお過ごしください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です